レーザー脱毛のトラブル

レーザー脱毛は医療機関で行うので、一見安全に思えますが、全くトラブルが起きないというわけではありません。トラブルの原因もいろいろありますが、レーザー脱毛で失敗しないためには、どんなトラブルがあり、それを回避するにはどうしたらいいか知っておくことが大切です。

レーザー脱毛は高い脱毛効果が期待できますが、施術者の技量により効果は変わってきます。特に一度に施術する範囲が広くなると、経験が浅い施術者は照射漏れの部分が発生する可能性が高くなります。かといって同じ部分に2度照射をすると、肌へのダメージが大きくなるので、均一に照射することが重要です。信頼と実績のあるクリニックを選ぶことで、照射漏れややけどのリスクは回避できます。

原則レーザー脱毛は医師が施術をしますが、医師でもレーザーの質力調整を誤るとやけどのリスクが高まります。出力が強すぎるとやけどをしますし、弱すぎると十分な効果が発揮されません。出力レベルが強すぎてしまい、やけどを負ったというケースは意外と多いので、担当者の実績なども十分に確認し、安心して任せられる人にお願いしましょう。施術者を指名できるところがおすすめです。

レーザー脱毛にもトラブルやデメリットはありますので、信頼と実績があるクリニックを選んでください。

レーザー脱毛が向かない人

レーザー脱毛には多くのメリットがありますが、実はデメリットも存在します。高い脱毛効果が期待できるのは、レーザーの威力が高いからです。施術は医師か医師の指導を受けた看護師が行いますが、施術者の技量による違いが大きく出やすいので、レーザーの照射レベルを間違えると、やけどをするリスクがあります。

レーザー脱毛は永久減耗効果があると言われていますが、これも施術者の技量が伴わないと、効果が半減するので、完全に毛根を破壊できないと、時間の経過とともに再び毛が生えて来ることがあります。永久脱毛効果や永久減耗効果については、100%実証されているわけではありませんが、施術者の技量で効果が変わってしまうのはデメリットです。

レーザー脱毛に使用するレーザーは、メラニン色素に反応します。普通の肌には反応しませんが、日焼けをして肌が黒くなっている時はメラニン色素が増えているので、日焼けをした肌にレーザーを照射するとやけどのリスクが大幅に高まるので危険です。施術が完了するまで日焼けしないよう注意が必要です。

レーザー脱毛は医療機関で行いますが、健康保険は適用外です。そのため費用が少しかかってしまいます。以前に比べると全体的に安くなっていますが、それでも全額自己負担になるのはデメリットになってしまうかもしれません。